あなたのパソコンは大丈夫?!身代金を請求される恐ろしいランサムウェア

パソコンに関するアレコレ記事コラム

こんにちわ。サトーです。
この記事では私が独断と偏見で選んだパソコンに関する気になるニュースをピックアップしていきます。
個人的な感想や意見も交えて書き進めていきますので、生温かい目で見て頂けると幸いです!
すぐにへこむので誹謗・中傷はやめてください、本当に。本当に!(必死)
それでは早速行ってみましょうー!

今回気になったのは。。。

ランサムウェアの感染被害が拡大中

こちらです!
ここ数年、ニュースで何度も取り上げられてる「ランサムウェア
感染した場合(一時的な場合もあるようですが)はパソコンが使えない状態になってしまいます!

 

注:そもそもランサムウェアって?

記事を進める前にまずここですね。
名前は見たり聞いたりしたことがあるけど「つまり何?」とか「どうなるの?」って人は結構多いのではないでしょうか?

ランサムウェア(英語: Ransomware)とは、マルウェアの一種である。これに感染したコンピュータは、利用者のシステムへのアクセスを制限する。この制限を解除するため、被害者がマルウェアの作者に身代金(ransom、ランサム)を支払うよう要求する。数種類のランサムウェアは、システムのハードディスクドライブを暗号化し(暗号化ウイルス恐喝)、他の幾種類かは単純にシステムを使用不能にして、利用者が身代金を支払うように促すメッセージを表示する(スケアウェア)。

という事なんですが、

わかりやすく簡潔に結果だけを言いますと、ランサムウェアに感染したパソコンは

・普段と同じように使用することができなくなる。

パソコンが暗号化され、起動しなくなる。

・普段の状態に戻すために身代金を要求される。

パソコンが突然使えない状態になり、戻す対価にお金を要求されるわけですから本当に迷惑な話ですよね。。。
(身代金の事を英語で(ransom、ランサム)と言いまして、そこから取った名前のようです。)

 

 

1.ランサムウェアの被害状況

本題に戻ります!
現在、被害が拡大しているのはランサムウェア「Petya」の亜種型とのこと。
被害地域はヨーロッパなどが中心となっているようで、これに感染してしまうとOSの起動すらできない状態になってしまいます。

普段使用しているパソコンに突然、「パソコンを元に戻したければ、お金をを払いなさい」 なんてメッセージがでてパソコンが使えなくなったら。。。
間違いなく焦りますし「え?壊れた?」って疑いたくもなりますね。

 

 

2.侵入経路・対策

さて、気になる感染元は、確定に至っていないようではありますが現在のところ、感染経路のほとんどが、

ソフトの更新・ホームページの閲覧・メールで送られてくるURLリンク等だと認識されています。

また、1番大事なことが万一の感染に備えて

「十分なバックアップ」

を取るようにすることです。

普段からバックアップを取ってあれば良いのですが、バックアップを取らずに感染してしまうと大事なデータなどを全て失ってしまうかもしれません!
感染してしまったらネットワークを通じて他のパソコンにも感染が広がる可能性もあるので、しっかりとバックアップを残しておきましょう!

欧州で被害が拡大中で、トレンドマイクロでは日本でも6万件以上の感染が確認されていると公表されています。考えただけで恐ろしいですね、、、
感染してから後悔しないように予め対策しておきましょう!

 

データのバックアップって、どうすればいいの?
という方は、ぜひ当店までご相談ください。

 

ではでは、今回はこの辺で失礼致します。
次回もお楽しみに!

お問合わせはこちら

お電話でのお問合わせ:011-398-4847
メールフォームでのお問合せ