延命措置!(パソコンの寿命は?第三回)(3/3)

パソコンに関するアレコレ記事コラム

こんばんは。みなさま年賀状進んでますか?
絶賛焦り中のアカオギです(手を付けてません@@汗)

修理案件内容もこの時期は年賀状印刷絡みのものが増えております。
さて、今回は「パソコンの寿命」シリーズ(?)最終章です。

 

  1. パソコンを長持ちさせるために・・・
  2. まずは道具から!
  3. 掃除機はダメ。ゼッタイ。
  4. キーボード掃除に雑巾は非推奨
  5. 吸排気口・電源付近
  6. あとがき

 

 

 

パソコンを長持ちさせるために・・・

ズバリ、掃除です。はい。

電子部品は温度が上がれば上がるほど寿命・性能ともに低下していきます。
ホコリなどが少なければ少ないほど延命するにも効果的というわけです。

簡単にできるお掃除メンテ!をご紹介します。

 


 

まずは道具から!

何必要なのか?というわけで、PCお掃除計画のおすすめアイテムは・・・

  • 歯ブラシ(ファンの掃除、細かいところのホコリとり)
  • エアダスター
  • 電子パーツクリーナー(これ持ってる人は説明いらないと思うので割愛しますw)

と、絶対に欲しいのは歯ブラシとエアダスターです。

キーボードのキーの隙間、各種ファンのホコリ取りにはバツグンの威力です。
キーボード用掃除ブラシなんて目じゃありません(個人的見解です)

エアダスターはこすり出したホコリやゴミを吹き飛ばすために使用します。

 

 

掃除機はダメ。ゼッタイ。

パソコン掃除で絶対といっていいほど使ってほしくないのが、掃除機です。

静電気がハンパじゃないです。むしろコレで壊れるくらいに・・・

キーボード等の掃除なら。。。なんて思っても、やめてください。キートップが吸われますw

ノート用キーボードのトップが吸いこまれでもしたら、つけようとしてパンタグラフやツメを損壊する可能性大なので、とにかく掃除機は使用しないようにしましょう。

 


 

キーボード掃除に雑巾は非推奨

ノートパソコンに多いのですが、雑巾で拭いてて、ひっかかってキートップが外れるパターン。

パンタグラフの構造はさほど難しくないのですが、とにかく壊れやすいです。
つまようじの先くらいの爪が折れると完治不能です。

同じメーカーのパソコンでも部品が違う場合がほとんどなので、その部分だけの部品調達が難しい可能性が高いです。最悪、キーボードまるごと交換、なんてことも。

もし、外れてしまった場合は、当店までお持込みください!!

洗剤で湿らせたくらいの綿棒でこすって汚れを落とすのがオススメです。

間違っても水滴がキーボードに落ちるような事がないように気をつけてください。

 


 

吸排気口・電源付近

これがメインなのですが、ファンや筺体内部についたホコリ、ゴミを歯ブラシでこすり、エアダスターで飛ばしていきましょう。

デスクトップの場合は内部から外へ、エアダスターでホコリやゴミを飛ばしていくのが理想です。(側面からアクセスできる場合)

側面パネルが外れない機器、ノートパソコン、一体型パソコンなどは、外側からエアダスターを噴射しないほうがいいです。

ホコリやゴミが内部に入ってしまうので故障の原因になる可能性があります。

ノートパソコンであれば裏側(バッテリーパックが見える面)にメンテナンス用の部分があるものもあるので、ひっくり返してみてください。排気口付近に、簡単に外せそうな部分があればソレですw

 

 

メンテしにくいノートパソコン、一体型、分解するのが難しい機器は専門業者に依頼されるのが一番です。

お気軽にお問い合わせください^^

 

 

あとがき。

さて、パソコンの寿命について勝手に考えてみましたシリーズ3回目をもって終了です。

掃除について、ほんとは色々書きたかったのですが、パソコンそれぞれで方法も善し悪しなので一概にコレ!と言えないのが難儀なところで。。。

基本は、パソコン内部のホコリやゴミを外へ出す! です。

年末に向けてパソコンのお掃除もやってみてください@@b

それでは!

お問合わせはこちら

お電話でのお問合わせ:011-398-4847
メールフォームでのお問合せ