パソコン修理の現場から。。。(2017年7月第2版)

パソコン修理例バナー

こんにちわ
車のクラクションに物凄く驚く人、サトーです。
この暑さはなんなのでしょうか。。。?北海道は涼しいし寒いものじゃないんですか!?暑すぎて北海道のアドバンテージが無くなっているような気がします。。。もっと涼しいところに逃げたいです。。。
さて、今日も当店で行っているパソコン修理の様子をレポートしていきます!
「うちのパソコンも同じような症状が。。。」というのがあればすぐにお気軽にご相談ください!
それでは行ってみましょー!

今週の修理ピックアップを3件ご紹介!

 

1.G-TUNE BTOパソコン(mousecomputer)

G-TUNE

1-1.症状

ブルースクリーン、フリーズ

1-2.不具合の原因

お預かりする数日前にパーツを数点変更し通常通り使えていたが、突然症状が出始めたとのこと。
チェックしてみるとメモリが故障していて動作不具合をおこしていました。

1-3.修理完了致しました

故障していたメモリを新しいメモリに交換し、起動確認の後にお客様にお渡し致しました。

 

2.dynabook Satellite B552(TOSHIBA)

B552

2-1.症状

ファンエラーのメッセージが出る、映像の編集等をしてる場合に出やすいかも

2-2.不具合の原因

まず、パーツのチェックをしてみると特に不具合は見られない様子。そこで中を開けて見てみると内部ファンの羽の一部が欠けてしまっていました。
それが原因で風量が足りなくなり、結果として内部に熱がこもりエラーメッセージが出ていたようです。

2-3.ファン交換、修理完了致しました

破損していたファンを別の物と交換し、動作確認後お客様にお渡し致しました。

 

今日のように暑い日は当然ながら室温も上がります。
ファンが回っているとはいえ、十分にパソコン内部が冷却されずなにかしらの不具合を起こす場合がありますので、ご注意ください。

 

3.ST500DM002(SEAGATE)

SEAGATE 500GB HDD

3-1.ご要望

データ復旧

3-2.不具合の原因

突然パソコンが起動しなくなり、中に入ってるデータが必要でご自分でデータを復旧させようとしたがうまくいかずにお持ち込み頂いたという今回のHDD。
確認してみると重度損傷でしたが中のデータ自体は壊れておらず、使える状態に復旧はできそうです。

3-3.作業完了致しました

HDDの中にあるデータを復旧後、他のHDDに移行しお客さまにお渡し致しました。

 

機械の故障は前触れなく突然来ることも多々あります。
突然の「なにか」に備えて大事なデータは常にバックアップを取るようにしてお気をつけください。
バックアップのやり方が分からない方や、使えなくなった大事なデータを復旧したい方は当店へご相談ください!

 

 

それでは今回はこの辺で失礼致します~
次回の記事もお楽しみに!

かんたん無料お問合わせ

お電話:011-398-4847


お問合せフォーム