NEC製ノートパソコン LL750/Cの修理

パソコン修理実績

こんばんは
今日の天気やばいですねー@@;自動ドアが勝手に開くし・・・

前回に引き続き、作業例の御紹介です。
NEC LL750/C。ノートパソコンでも、なかなか売れた機種ではないかと思います。

ウィンドウズは起動するけど・・・

デスクトップまでは多少遅いなりに起動するものの、直後に「ハードディスクが壊れています。至急データを退避してください。」的なメッセージが。消しても数分で警告が出続けるという。。

 

 

 

原因はやはりハードディスク

 

早速、各部チェックしてみると、案の定、ハードディスクが故障していました。

ひとまず、不具合を退避できるよう処置をして、新ハードディスクへ丸ごと環境を移設。

今回は運よくデータも損失なく完全移設できました^^

お客様いわく「警告がでたから、とりあえず持ってきました~」

との事だったのですが、まったくもって素晴らしい。大英断です。

早期発見は大事ですねー!

容量640GBでしたが、今は1TBがとってもお買い得っ!
という事で、ついでに容量アップです^^

AFT未対応のものからAFTへの移設の為、そのままでは不具合間違いなしなので対応させるための処置を施して作業完了っ!

パソコンへ組み込んで動作チェック、システムチェックを通してお客様へ納品しました。

 

 

 

予兆があったら、、、

OS丸ごと移設すると再インストールやリカバリと違い、ソフトウェアや無線設定・メール設定、デスクトップ環境なども全て今まで通り使えます。要は引っ越しですね。

いざ、完全に壊れてからデータ移設しようとすると手遅れになっている事も少なくありません。

フリーズやブルースクリーンなどの症状が2~3度でたり、動きが遅いと体感できるようになった場合は、壊れる前兆かもしれませんよ!

「電源入れ直して起動したから大丈夫」てのは、たいがい大丈夫じゃありません(汗
機械が勝手に治るワケありませんから@@;

健全なるパソコンはフリーズしたりしません!

 

起動しなくなってデータを失ったりしないよう、壊れる前に予防措置をとりたいですね。

(データ復旧もありますが、場合によっては高額になる事もありますので、、、)

 

新しいハードディスクで容量アップついでに丸ごと引っ越し!くらいの感覚で良いと思いますw

2~3年くらいに一度、データをOS丸ごと移設して新ハードディスクに乗り換えていくのが長期的にみると、一番安上がりなのかなぁ。。と個人的には思ったりしてます。

 

 

当店は外注等ではなく自社内で修理しているので、

「時間かかりそうだし、、、」とお考えのお客様は是非一度お問い合わせください!

ワンストップでお預かりから納品までスムーズかつ迅速に対応できます^^

 

 

 

本日のひとこと。

パソコンが召される前に検査入院を!

早期発見・早期治療がお財布へのダメージを軽くしますっ!

かんたん無料お問合わせ

お電話:011-398-4847


お問合せフォーム